プレスリリース

世界中のランナーが集うランニングコミュニティアプリ「Runjoy(ランジョイ)」が日本語版・英語版同時リリース/アプリ内でランニング履歴の管理・共有から仲間作り、記録挑戦まで一括操作可能

各位

2015年09月03日
株式会社じげん

株式会社じげん(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:平尾丈、以下 じげん社、東証マザーズ:3679)は、世界中のランナーが集うランニングコミュニティアプリ「Runjoy(ランジョイ)」の日本語・英語版(Android 4.0 以上対応)を2015年9月3日(木)より世界に向けて提供開始いたしました。

自身のランニング履歴の管理・共有から、国境を越えたランナー仲間作り、コミュニティ内での記録挑戦までが一括してできる「Runjoy」は、ランニング仲間同士の新たなコミュニケーションを生み出すことを目的とした、これまでにないアプリです。尚、じげん社がスポーツヘルスケア領域でサービスを提供するのは初めてのことです。

Runjoy_OGP

■ Runjoyとは

「Runjoy」は世界中のランナーが集うランニングコミュニティアプリです。距離やタイムからコミュニティを選んで コミュニティ内の過去の記録に挑戦することができます。好タイムを残せば コミュニティ内のランキングにランクインすることもできます。
またGPS位置情報をもとに走行時間、距離、スピード、消費カロリーなどを 計測してレコードを管理することができ、自身のランニング履歴を管理するのに役立ちます。
世界中のライバルと切磋琢磨して記録を塗り替え、走る楽しさ(RUN×JOY)を体感してください。

■ いつものランニングがもっと楽しくなる3つの“JOY”

image_runjoy

  JOY1 ) 日本語・英語同時リリース!世界中のランナーが仲間に 

日本語版、英語版が同時に提供されており、世界中のユーザーがアプリをダウンロードし、「Runjoy」内のコミュニティに参加することが可能です。
コミュニティには、「皇居RUN(2周)」や「目指せサブ4!(5km)」といった様々なテーマや目標に応じたコミュニティが用意されています。コミュニティには各ランナーのハイスコアがランキング形式で表示されており、世界中のランナーを身近に感じながらランニングをお楽しみいただけます。

※「こんなコミュニティをつくって欲しい」というリクエストもお待ちしております。
いただいたリクエストは「Runjoy」担当が検討した上で加えさせていただきます。全てのご希望に沿うことはできかねることをあらかじめご了承ください。その他、「Runjoy」に関してのご要望は株式会社じげん「Runjoy」担当までメールにてご連絡ください。

  JOY2 ) リアルタイムで走行ルートや順位を確認し、ゲーム感覚で記録に挑戦可能  

「3,2,1」のカウントダウンでスタートすると、GPS機能によりグーグルマップ上に走行ルートが記録され、リアルタイムでコミュニティ内の自身の順位が表示されます。これによりユーザーはコミュニティ内のランナーと一緒に走っているような感覚を疑似的に体験することが可能です。アプリのゲームを楽しむようにペース配分やコース設計といった戦略を立ててハイスコア更新に挑戦する中で、日々のランニングの質を高めていくことができるでしょう。

  JOY3 ) 全ランニング履歴を閲覧・シェアすることで、自身の成長を実感 

アプリ上で自身のランニング履歴を全て閲覧できるので、少しずつ走れる距離が増え、より速く走れるようになっていく様子が可視化され、ランナーとしての成長を日々、実感していただけます。また、twitter, facebookでのシェア機能を利用することで、アプリの中に閉じずに、ランニングの楽しさや成長の軌跡を発信することができます。

■ 使い方・機能
procedure
① ログイン
SNS(facebook、Google+)で簡単ログインが可能です。
② コミュニティをチェック
世界共通のランニングコミュニティ一覧から参加するコミュニティをチェックできます。
③ コミュニティ選択
距離、制限時間、カロリー及び参加者の記録をもとに、挑戦するコミュニティを決定します。
④ ランニング開始
「3,2,1」のカウントダウンでスタート。走行ルート(グーグルマップ) 、ランニング時間や距離、コミュニティ内の順位などがリアルタイムで計測・表示されます。
⑤ フィニッシュ
フィニッシュしたら各記録が表示され、facebook, twitterでシェアすることができます。自分の走ったルートを3Dで再現(無料のグーグルマップアプリ要)することも可能です。
⑥ ヒストリー
全記録が常にアプリ内で閲覧でき、 「Runjoy.me」を介していつでもシェアすることができます。

■ 本アプリ開発の経緯

1)予防医療としての健康管理サービスの必要性

厚生労働省の調査によれば、2011年度に史上最高の38兆円を突破した国民医療費は、2015年度には45兆円、2025年度には60兆円を超す見込みで、その60兆円のうち公費負担は25兆円となる見込みです。世界的に見ても、特にアジア太平洋地域の医療費の増加が著しく、2015年までに世界全体の医療収益の33.1%を占めるものと予測されています。こうした医療費の増加に伴い、予防医療としての健康管理サービスの充実が急務となっています。

じげん社ではこうした健康問題の解決に向けて2014年9月には株式会社リジョブを子会社化し美容ヘルスケア領域に参入、2015年2月には株式会社EST corporationとの資本業務提携により医療ヘルスケア領域への事業展開を推進してまいりましたが、今回、スポーツヘルスケア領域へとさらに事業を拡張していくことを目的に、「Runjoy」の提供が決定いたしました。

2)市場成長性の高いグローバルスポーツ 「ランニング」

2015年10月には「スポーツ庁」の発足が決定していることからも、2020年の東京五輪開催に向け、スポーツヘルスケア市場のさらなる活性化が期待されています。ランニングは様々なスポーツの中でも、2ケタ成長を続けるマーケットであり、世界中いつでもどこでもチャレンジできる非常に人気の高いグローバルスポーツです。しかしながら、世界中のランナーとの繋がりを持てる機会は少なく、特に初心者はランニングの楽しさを感じられないままに挫折するケースも多いと言われています。

じげん社は「Runjoy」を通じてより多くのユーザーが国境を越えてゲーム感覚で互いの記録を競い合い、仲間との繋がりを実感することでランニングをもっと楽しくすることを目指して開発を進めてまいりました。

■ 今後の展開
今後は、ユーザー同士のコミュニケーションが活発化するように機能を増強していくと共に、リアルなランニングイベントとのコラボレーションも検討し、よりランニングの楽しさが感じられ、継続して取り組んでいけるようなサービスの提供を追求いたします。
また、新規事業の企画・開発を通じ、ミッションである「生活機会の最大化」の実現を引き続き目指してまいります。

■ アプリ基本情報
runjoy_icon_512
[アプリ名称] Runjoy (ランジョイ)
[対応OS] Android 4.0 以上
[ダウンロードURL] https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.zigexn.runjoy
[利用方法] Android端末よりGoogle play「Runjoy」ページ(上記URL)にアクセスし、アプリをダウンロード
[ティザーサイト] http://runjoy.me/
[公式twitter] https://twitter.com/Runjoy_sports
[公式facebook] https://www.facebook.com/pages/Runjoy/1469518610013403

本件に関する報道関係のお問い合わせ
株式会社じげん
広報担当:沼尻
E-MAIL: pr@zigexn.co.jp

本件に関する一般のお問い合わせ
株式会社じげん
E-MAIL: info@zigexn.co.jp


ニュース